インプラント

デンタルケア成瀬のインプラント治療

インプラント治療とは

インプラント治療とは、歯の抜けたところに人工歯根を埋め込み、あごの骨にしっかり固定させた、 上に人工歯を装着する治療です。インプラントを使用することによって天然歯同様の機能へと回復可能です。 また、インプラントは人工歯根という「根を持つ構造」でしっかり固定されるため、自然な噛み心地を取り戻せます。

デンタルケア成瀬では、主に日本人のあごにフィットしやすいと言われている「リプレイスセレクト(TM)」 というインプラントシステムを採用しています。

噛めるまでの流れ

Step1:カウンセリング
インプラント治療にあたり最も大切なのは、歯科医師と患者さまとの信頼関係です。インプラント治療は、歯科医療の中でも外科手術を伴う特殊な治療と言えます。 治療に対して患者さまが抱く不安を、細かなご説明によって丁寧に取り除くところからスタートします。
Step2:各種検査と治療計画
レントゲン撮影、口腔内写真撮影、歯型の採取などを行い、あごの骨の状態と噛み合わせの検査を行います。検査結果を基に治療計画を立て、患者さまに分かりやすくご説明します。 また、手術に際して体と心のコンディションが十分に整っているかチェックします。
Step3:1次手術
局部麻酔をした状態で、あごの骨にチタン製のインプラントを埋入します。これが「歯の土台」となります。手術中の痛みはほとんどありません。 多少の違和感はあるものの気になるほどではなく、翌日からは普段通りの食事ができます。
Step4:治癒期間
あごの骨に埋入したインプラントが歯肉に覆われ、骨と結合するのを待ちます。 通常、この治癒期間に3?6ヶ月間かかります(治癒期間は個人差があります)。 この間は仮歯を使用しますので、普段通りの食事ができます。ご安心ください。
Step5:2次手術
インプラントが完全にあごの骨と結合したら、ヒーリングアバットメント(歯を支える支点)を連結します。 この状態で歯肉が治癒するまで、1?6週間待ちます(治癒期間は個人差があります)。
Step6:人工歯装着
歯肉が安定したら、義歯を作るために型を採ります。義歯が完成したら、インプラントに装着して完成です。

入れ歯・ブリッジとインプラントの比較

  インプラント ブリッジ 入れ歯
噛む力 天然歯と同じ力で噛める インプラントより、やや劣る 天然歯の4分の1の力
見た目 天然歯と変わらない インプラントより劣る 入れ歯を留めるワイヤーが見えるなど、審美性は低い
異物感 なし ほとんどなし 違和感があり、床の素材によっては食べ物の温度が伝わりにくい
まわりの歯、
歯肉への影響
ほとんど影響なし 支えとなる両隣の歯を削らなければならず、負担がかかる ワイヤーをかける歯は、負荷がかかりもろくなりやすい
費用 自費診療であるため、治療費が高額になりやすい 素材によっては保険診療で治療可能 素材によっては保険診療で治療可能
その他 外科手術が必要 金属アレルギーを起こす可能性がある 金属アレルギーを起こす可能性がある

※リプレイスセレクト(TM)は、ノーベルバイオケアの登録商標です。