義歯・入れ歯

義歯・入れ歯

保険診療と自費診療

歯科医院での診療方法には2通りあります。患者さまが加入しているそれぞれの保険(国民健康保険、社会保険など)の適用範囲で受けられる「保険診療」と、 保険を使用せず治療にかかった費用を全額自己負担する「自費診療」です。 保険診療と自費診療の違いは、次のようにまとめることができます。

  保険診療 自費診療
メリット 治療費用が安い。 保険では使用できない素材や技術を使用することで、見た目の美しさやさらなる機能性を追求した、高い水準の治療が可能。
デメリット 定められているガイドラインに沿った、保険適用範囲の基本的な治療しか行えないため、高い水準の治療は行えない。 治療費用が高い。

入れ歯ができるまで

1.歯型を採る
入れ歯作製の基となる歯型を採り、トレーを作ります。
2.噛み合わせの確認
できた型から作った土台を使って噛み合わせを確認します。
3.試適
できあがった入れ歯がぴったり合い、きちんと噛めるかどうかを見るために、お口の中に仮セット(仮付け)して診査します。

完成

当院で取り扱う入れ歯(総入れ歯)

レジン床入れ歯 保険診療 床(ピンク色の部分)がレジンという合成樹脂でできている。一般的な入れ歯です。
保険診療で比較的安価ですが、床が分厚く、耐久性が金属に劣るなどの短所があります。
軟性レジン床入れ歯 保険診療 床がレジンのものに比べ、軟性がありソフトで付け心地に優れています。
チタン製金属床入れ歯 自費診療 床の部分が金属でできているため、薄く、壊れにくく、冷たい暖かいなどの熱伝導に優れています。
マグネット式入れ歯 自費診療 磁石で接着しているため、他の入れ歯以上に着脱に優れています。(はずれづらいです。)
金属の入れ歯と同様、壊れにくく、冷たい暖かいなどの熱伝導に優れています。