小児歯科

小児歯科

ご両親必見!お子さまの虫歯予防

小児歯科は、その名の通り「お子さまの歯の健康を守ること」を目的とした歯科診療科目です。 『乳歯はいつか抜けてしまうから、虫歯になっても大丈夫』などと思ってはいませんか?それは恐ろしい誤解です。
デンタルケア成瀬では永久歯の健康に大きな影響を与える乳歯の健康を守るため、お子さま一人ひとりに対して適切な予防プログラムを 立てて取り組んでいます。お子さまが生涯健康な口内環境を維持できるようお父さん、お母さんから「予防」についての意識を高めていきましょう。

>>お子さまの歯科矯正についての情報はこちら

デンタルケア成瀬の小児予防処置

フッ素 「フッ素」は、「歯の栄養剤」と言い換えられる物質です。フッ素塗布することで歯のエナメル質を強化し、虫歯菌が出す酸によって歯が溶けるのを防ぎます。 また、溶け始めたエナメル質を再び硬くする「再石灰化」という作用も持っており、虫歯予防に大きな効果を発揮します。
シーラント 虫歯になりやすい奥歯の溝を、シーラントというプラスチック樹脂であらかじめ埋めてしまうことで虫歯になりにくくする予防処置です。虫歯治療の際に用いられる安全性の高い樹脂を使用します。 ただし、シーラントは虫歯でない歯を対象としたものであるため、すでに虫歯になってしまった歯には効果はありません。

食育のすすめ

「食育」という言葉をご存知ですか?
食育とは、大まかに言えば「健康的な生活を送るために、食に関するあらゆる知識を育むこと」です。 近年、「知育」「徳育」「体育」に加えて学校教育の一環として取り入れられるようになりました。

好きな物を好きなだけ食べることが当たり前になった今日、過食や拒食、食品アレルギーなど「食」を取り巻く多くの問題が発生しています。 食育は、そうした時代の風潮を見直し、正しい食生活を身につけさせようという考え方です。

当院では、虫歯予防とともにこの「食育」にも力を入れ、健康の基礎である正しい食習慣がお子さまに身につくよう、 保護者さまと二人三脚で取り組んでいます。

○豆知識○ ?知っていますか?母子感染?
生まれたての赤ちゃんのお口の中には、虫歯の原因である「ミュータンス菌」は存在しません。 それでは、どうして人は虫歯にかかってしまうのでしょうか?
それは、家族をはじめとするまわりの大人の唾液を介してミュータンス菌がうつってしまうからなんです。 大人が使った箸で食べ物を運んで赤ちゃんに食べさせるだけで、ミュータンス菌はうつってしまいます。 虫歯から赤ちゃんを守るために、食べさせる時は赤ちゃん専用の箸やスプーンで食べさせましょう。
また、まわりの大人のミュータンス菌を減らすことも大切です。 フッ素入り歯みがき剤を使用する、食後にキシリトールガムやキシリトールタブレットを摂るだけでも効果があります。